CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728    
<< February 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
リビングウィルと看取り

   先週、長尾和宏先生の講演を拝聴しました。「穏やかな最期をむかえるためにかかりつけ医のするべきこと」についてのお話でした。長尾先生は石飛幸三先生が提唱された「平穏死」というあり方を著書や講演で広く紹介され、ご自身も家庭医として実践されている方です。今、自宅で最期をむかえられる人はごくわずかになっているそうです。「看取り」という行為が、家族にも医療側にも浸透していないことが原因の一つ、とのこと。

   確かにそうです。高齢になってからの終末期の治療がどうあるべきかを、私たちは医学部で教わりませんでしたし、たぶん今の医学生も教わっていない。必要な時にはもちろん現代医療の恩恵をうけるべき。しかし天寿を全うすべく少しずつ死に向かっている自然死を静かに看取る覚悟ができていないのでしょう。死亡診断書の死因に「老衰」と書かれるケースがあまりないとのことでした。

寝たきりで意識もほとんどなく食べられなくなったご高齢の患者さんが入院し、高カロリー輸液の持続点滴をうけ全身浮腫になり次々とあふれる喀痰に溺れるような状態を見ていて、これでいいのかと感じることがありました。石飛先生の「平穏死」の本を読んでその疑問が解決しました。やはり年をとるに従って少しずつ枯れていく方が自然なんだと。輸液は少なくていいのだと。自分自身も最期は枯れていくように逝きたいなと思います。

   残念ながらリビングウィルを残してもそれが守られるとは限らないようです。「遠くに住む長男長女」が駆けつけて、自宅で少しずつ自然に衰弱してゆく親を入院させてしまうそうです。特に50代60代の長男長女(笑)。わかる気がします。日ごろ親が少しずつ枯れていく経過を見ていないからです。

| 医学 | 11:28 | comments(0) | - | pookmark |
リビングウィルを残すということ

Living Will (リビングウィル)

日本語では「生前意思」と訳しますか・・・いわゆる「いのちの遺言状」のようなものです。

自分が病気や事故で意識がなくなったり判断能力が不可逆的に消失した場合に、どこまで治療を望むかを4段階くらいで選ぶようになっています。何度も書き換えられるようになっているので、考えこむ必要はなく、そのときそのときの自分の希望を選ぶといいです。

 

1.人工呼吸器、心臓マッサージなど生命維持のため最大限の治療を希望する。

2.人工呼吸器などは希望しないが、高カロリー輸液や胃瘻などによる継続的な栄養補給を希望する。

3.継続的な栄養補給は希望しないが、点滴などの水分補給は希望する。

4.点滴などによる水分補給も行わず、最期を迎える。

5.その他

 

飽くまでも、「不可逆的に判断能力がなくなった場合」のことで、「医療処置や蘇生術でで回復の見込みがある場合」のことではありません。徳島県臨床内科医会のウェブサイトのリビングウィルのコーナーに、リビングウィル手帳を置いてある医療機関が載っています。ご自分のかかりつけ医に見せておくことをお勧めします。当院にも少しですが置いてあります。

 

自分なら、どうだろうか。末期になっても意識があってもう少し家族の顔を見ていたいと思えば胃瘻してでも生き延びたいと思うかもしれませんが、意識がない状態なら3、ひどい認知症で点滴も自己抜去するような困ったちゃんになっていればでいいかな。

 

| 医学 | 11:55 | comments(0) | - | pookmark |
生活を見なおす 

糖尿病や高血圧症などの生活習慣病の治療をしていて、無力感に苛まれることしきり。

どんなに薬を増やしても下がらない血糖や血圧・・・。

生活の見なおしをしてもらわないとどうにもなりません。内科医は本当に無力です。

 

先日NHKで最近はぽっちゃり体型の人が人気とのこと。たしかに好ましいひとたちです。

でも生活習慣病があるならやせましょう。過剰な脂肪細胞は悪質なサイトカインをだして身体を老化させています。

太っているひとが「そんなに食べてないんですけど」とおっしゃいますが・・・

ちょこちょこ何かを口に入れていませんか・・・?

やせている人の食生活がいかに食べていないかわかっていますか・・・?

 

さださんの「関白失脚」という歌があります(「関白宣言」のアンサーソング)。妻へのメッセージ、名曲です。You Tubeで聞いてください。

このあたり・・・

「ムダなダイエット ムダな体重計

 本気でやせたきゃ あんなに食べなきゃいいのに 

 それからあれだぞ テレフォンショッピング

 買い物くらい 身体動かせ」

 

運動できていないひとに歩数計配ろうかなあなどと思案しています。

 

 

| 医学 | 15:24 | comments(0) | - | pookmark |
まだまだ寒いのですが

二十四節気の暦では春なので花を変えました。

毎日インフルエンザのかたはおられますが、一時期のインフルエンザAの多さは和らいでいる感じです。私も風邪をもらうのか、ちょこちょこと不調はありますが、念のためにリレンザを頓用したりしながらねこ大事に至らずにすんでいます。

rissyunn.jpg

先週末は眉山の麓の茶房の窓からメジロやトンビや名前のわからぬ鳥を見ながら美味しいコーヒーをいただきました。

処々にさりげなくいけられた花のセンスの良さに、ここのあるじさんは丁寧に生きられているのであろうなあと想像。

sabou.jpg

 

sabou2.jpg 

 

roubai.jpg

雨に濡れた蝋梅も春の予感です。

 

| 日常 | 23:08 | comments(0) | - | pookmark |
SGLT2阻害薬

先週末、東京での講演会で糖尿病治療薬SGLT2阻害薬の話を聞いてきました。

 

SGLT2阻害薬は今一番新しい糖尿病治療薬です。腎の糸球体を通過した糖は近位尿細管のSGLT2によって再吸収されて血液内に戻るのですが、2型糖尿病ではSGLT2の発現が増加してしまっており、ますます糖を再吸収して血糖を高くしてしまう悪循環ができています。これを阻害するのがこの薬です。SGLT2阻害薬の良い点は、体重を減少させる点と、適度に浮腫をとってくれる点と、インスリンを分泌する膵臟ランゲルハンス島β細胞を疲弊させずに血糖を下げてくれる点だと思っています。

EMPA-REG試験でこの薬により心不全の悪化や心血管死を減少させたというデータがでて非常に注目されているところですが、先日の発表でも腎臓保護効果やNASH、脂肪肝などの改善効果も報告されていました。禁忌でないかたには一度は使ってみる価値があると思います。ただ薬価が高いことはデメリットです。それと、この薬を使っても血糖が下がらない人、体重が減らない人がいることも事実です。薬で下げた血糖分をよけいに食べているのでしょう。

 

最終的には基本に戻ること。食事量を減らすことに尽きます!!

 

| 医学 | 10:29 | comments(0) | - | pookmark |
最近みた映画のはなし

「レッドタートル」がアカデミー賞候補ときいて、映画の話を少し。やはり評価されてるんだ。

こんな映画見たことなかったです。会話が全くない。主人公の名もない。それでもインパクトをうけました。私たち、人と比べて焦ったりうらやんだり妬んだり複雑すぎる感情の渦巻いた現代社会に生きているけれど、人生ってこんなにシンプルでもいいんだ、となんかほっとさせられる作品でした。

「この世界の片隅に」は実にいい作品でした。徳島ではufotableでしか公開されていません。30人くらいのミニシアターで立ち見の人もいました。原作者であるこうの史代さんの画は穏やかな中にも主張があり、あたりまえの平穏な生活を戦争がむしばんでいく哀しさとそれでも懸命に生きていかねばならなかった当時の人たちの強さが寡黙に表現されていました。さりげなさと自然体がかえってリアルだと思いました。「きみの名は」もよくできた楽しい映画で見終わった後は爽快で、これは若者にうけるわなあと感じました。が、自分的には「この世界の片隅に」のほうが勝ち。

50歳以上の夫婦割りで安く映画が見られるようになったので、少し見る機会が増えるかもしれません。またスターウォーズシリーズも始まって楽しみです。「ローグワン」でエピソード4の前を埋めてくれてくれたし、だいぶ前のことになりますが、「フォースの覚醒」ではルークのあの美しい青い瞳がまた見られて幸せでした。マーク・ハミルさん、次回作では是非ともダイエットして美しく老いた姿を見せてください、夢を壊さないでください(笑)。

| 日常 | 09:39 | comments(0) | - | pookmark |
インフルエンザ急増中

今週に入ってインフルエンザ急増中です。予防に邁進してくださいませ。

診察室も毎日大忙しです。自分もうつらないようにマスク着用、頻回の手洗い、インフルエンザ検査の時には息を止めて(笑)、目の前でくしゃみされても飛沫を吸入しないよう気をつけています。今週日曜日は休日診療所の当番ですが、きっと殺人的な忙しさだと推測。週末に休めないのはつらいです・・・

 

日中は忙しく、夜も結構セミナーとかも多くてすぐ12時が来てしまうのですが、目下のひそかな楽しみはフォトブックの編集。毎日1時間くらい少しずつ進めています。昨年旅した伊勢や裏磐梯、会津の風景や家族の笑顔の写真を見返しつつ、地味に楽しいですクローバー

1時ごろに床について、最近は山本周五郎を読むのが楽しみなのに何しろ5分くらいで寝てしまい全然進みません。

 

Pennula 1.jpg

Pennula by H.Kudo

| 仕事 | 11:27 | comments(0) | - | pookmark |
寒波が心配

週末は寒波の予報。センター試験というのに受験生には本当に迷惑な話。

インフルエンザ、感染性胃腸炎が蔓延し降雪のリスクの多い時期に試験するなよ!ということ!! つい数年前までは人ごとでなかったため同情します。

息子の大学受験日の前々日から雪が降り始め、前日には明石大橋が通行止めになり、高松、岡山経由のJR・新幹線でかろうじて神戸にたどり着いたときには心底ほっとしました。あのときの焦燥感と不安感は今でも思い出すと苦しい(笑)。陸続きでないことを恨みました。

受験生の皆さんが平常心で無事に試験が受けられますよう祈ります。

| 日常 | 16:11 | comments(0) | - | pookmark |
ゆっくり始動

6日間も休み、ご不自由をかけてしまった方には申し訳ありませんでしたが、おかげさまで充電できました。

元日は家族や親戚そろって近所の天神社と金比羅神社へ初詣をし、2日にはふるさとの氏神さんへお詣りし、母校の飯尾敷地小学校のケヤキの樹に会い、山ぎわの田舎道をてくてくと小一時間歩きました(敢えてひとりで・・・)。心の浄化の時間でした。

両親と妹家族、弟家族も総勢16人が全員集合して、穴吹川を見下ろす旅館で一緒に過ごすということも実現してありがたいことでした。

家族もふるさとを満喫してそれぞれの生活に戻っていきました。昨日の夜、長女の乗った最終便のJALが飛び立つのを見送って、お正月も終わったな〜と思いました。平穏な休日をありがとうございます。

 

hosigaki.jpg

 

keyaki.jpg

 

穴吹川

anabukigawa.jpg

 

脇町うだつの町並み フナトトという素敵なお店発見

udatu.jpg

 

| 日常 | 23:42 | comments(0) | - | pookmark |
あけましておめでとうございます

2017nenga 縮小.jpg

新年あけて酉年になりました。

明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

診療は1月5日からです。

 

| 日常 | 20:03 | comments(0) | - | pookmark |
| 1/85PAGES | >>