CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
不幸ではない日々

 気候の良い5月と言えば、例年なら奈良へ神戸へ東京へ、と飛び回っておりましたのに、徳島県内で過ごすと決まればそれなりに平穏があります。子ども時代のシンプルな生活を思い出します。当時はめったに遠出もなく、年に2回東新町の丸新百貨店に行くのが晴れ晴れしく、週末は両親も畑仕事をし、もっぱら家の周りの自然で遊んだ5月の記憶。

 時間がゆったりと流れ、物や情報や便利さに溢れている現代の子ども達より幸せだったかもしれない。

 いまの不自由な生活も不幸ではないです。

 

himejoonn3.jpg

 

 

 

| 日常 | 17:44 | comments(1) | - | pookmark |
ウイルスとの共存

 新型コロナウイルス感染拡大に対する恐怖や、風評被害をおこす人々に対する憤りの日々を過ごしてきました。日本の重症者・死亡者の少なさを鑑みると、結果的にはこれまでの日本の政策は正しく、指揮を執られた感染症専門医の優秀さに感謝します。日本人の公共心・忍耐力の強さも誇れるものだと思います。

 とはいえ、このウイルスとの決着は不可能で、今後の共存を覚悟する気持ちになってきました。いつかはウイルスに感染するかもしれない、患者さんに感染者が出てクリニックを休診する日が来るかもしれない、風評被害で閉院に追い込まれるかもしれない、そんなことも頭をよぎります。だれもかれも明日は我が身です。インフルエンザウイルスと同じ程度に、大騒ぎされずに済むような日が早く来ればよいなあと思います。

 ゴールデンウィークも無計画で緩く過ごし、母の日にはお花をもらい、家族もみな健康で、日々是好日。

 

| 日常 | 11:23 | comments(0) | - | pookmark |
黒岩神社

眉山山腹にある黒岩神社。農作業をされている親切な地元のかたに尋ねながら鳥居を見つけた。

一の鳥居?

黒岩神社一の鳥居.jpg

岩石がそのまま石段に。

参道.jpg

二の鳥居?

もう無理!と思ったところで本殿。

本殿.jpg

胸が空くような景色があった。正面は津田山か。

黒岩神社.jpg

 

帰り道、蕨を見つけた。こんな時でも自然は美しかった。

わらび.jpg

 

 

| | 10:28 | comments(0) | - | pookmark |
新型コロナ対策

 新型コロナの流行で重苦しい毎日です。

 どうしても臆病にならざるを得ず、軽症、無症状のかたからウイルスが持ち込まれる可能性を常に心配しています。他の来院者に、自分に、スタッフに、ひいては自分たちの家族に、感染が及ぶことの恐怖が強いです。幸い受診控えもあって、待合室には一人から無人の時間が多いですので、「密」ではありません。

 雑踏が非常にうるさいですが、「密」を避けるために常に窓を開けて換気をしています。スタッフ一同頻回の手洗い、アルコール消毒などできることを励行しています。

 熱、咳、息苦しさ、倦怠感などの症状のある方は電話で問い合わせていただき、指定した時間に来ていただきます。以前より、午前・午後とも診察終了30分前までの受付をお願いしてありましたので、定期受診の方は早めに診療を済ませられるようにご協力いただき、感染症状のある方は、そのあとの30分位を当てる方針です。車で待っていただくなどして、他の患者さんが不安にならないように工夫します。

 これは長期戦です。ゴーグルやフェイスシールドも用意し、防御ガウンの代わりに100均のレインコートも用意しましたが、使わなくて済むことを祈ります。

| 仕事 | 15:12 | comments(0) | - | pookmark |
50周年

1970(昭和45)年に、工藤敏信・前院長が「工藤内科」を開業して、今年は50周年となります。

「くどう内科クリニック」として13年前に継承してから、自分の仕事としてはまだまだ日は浅いのですが、ささやかながら記念品をお配りしたいと思い、A5サイズのファイルをつくりました。デザインを勉強する長女が計画して、なかなかおしゃれに仕上がったと思います。小さいバッグにも入るので、お薬手帳や母子手帳、チケットなどを持ち運ぶのに使っていただけたらと思います。

 

 

さっそく開院当時から来ていただいているOさんに第1号をお渡しできました。

 

| 仕事 | 14:58 | comments(0) | - | pookmark |
自粛

新型コロナウイルス感染の拡がりに、医療崩壊の起こらないようにと祈るばかり。

週末はまた実家に行き、マスクをして両親と話をし、良い空気をすいながら、娘達と散歩しました。

sakura.jpg

 

nohara.jpg

 

watage.jpg

春がやってきています。

 

 

| 日常 | 21:56 | comments(0) | - | pookmark |
新型コロナウイルス

 連日の新型コロナウイルスの報道で疑心暗鬼の重苦しい日々です。重症者がでないで鎮静してくれることを祈るばかり。人が出歩かなくなり、マスク、手洗いもしっかりされているためか、風邪もあまり流行せず、クリニックものんびりです。

 各地の経済活動の落ち込みは想像以上。日本は世界に比べると重症者が少なく死亡者が少ないことが救いです。

 こんな時はきれいな空気の中で季節の移ろいを楽しみたいものです。

 

tubaki2.jpg

とある古刹の落椿

 

tori.jpg

 

sakura.jpg

鴨島町の里山 二人の桜が出迎えてくれた。

| 医学 | 15:10 | comments(0) | - | pookmark |
暖冬

この数日は例年並みに冷えこんだものの、暖冬のためかインフルエンザも少なく、いつもの二月と違ってのんびりしています。新型コロナウイルスも幸いなことにまだ県内では沙汰をききません。とはいえ、感染が悪化して肺炎になったり、体調不良が長引いて入院をしたり、突然お亡くなりになった患者様もおられて、やはり冬は大敵であるなあと思います。

 

私的なトピックとしては

16年生きたインコが死んでしまったこと。

息子が無事に国試を終えたこと。

クリニックのガラスに竜が新登場したことなど。

 

tubaki.jpg

実家に咲いていためずらしい椿。

 

ぼたんの墓.jpg

フクロウの下にインコが眠る。

 

IMG_5740-2  dragon window.jpg

 

 

| 日常 | 01:48 | comments(1) | - | pookmark |
小豆島  Dec. 30th, 2019

朝霧がすごくて視界不良。

写真撮るには雨もまた良し。

 

中山千枚田  「八日目の蝉」の虫送り行事もここが舞台。

syoudosima3.jpg

 

syoudosima4.jpg

 

銚子渓にて

syoudosima5.jpg

 

syoudosima6.jpg

 

syoudosima 7.jpg

| | 00:11 | comments(0) | - | pookmark |
小豆島  Dec.29th, 2019

昨年末の小豆島

あいにく天気には恵まれず。

 

syoudosima7.jpg

オリーブの木と瀬戸内海

 

syoudosima8.jpg

「二十四の瞳」の岬の学校の教室から

 

syoudosima 2.jpg

エンジェルロードは干潮すぎてただの広い道

 

syoudosima.jpg

弁天島の松ヶ枝には幸せを願う貝殻

| | 17:58 | comments(0) | - | pookmark |
| 1/102PAGES | >>