CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
食事指導で思うこと

検診などで生活習慣病が見つかったとき、薬物治療に入る前にまずは食事療法・運動療法ということになります。

「何を食べたらいいですか?」とよく聞かれます。スーパーマーケットやコンビニに高カロリーの食べ物があふれている実情をみると、何を食べるべきかではなくて、

 

「何を食べないべきか?」では?

 

生活習慣病を持つ人は食べ過ぎ防止が基本。三食以外にいかに不要なものを口に入れているかを自覚することが必要。これを食べたらいけないから代わりに○○を食べてお腹を満たすという行動をするよりも、空腹感に慣れて、いわゆる「胃を小さくすること」が先決だと思います。食事療法については本やメディアで数え切れないほどの情報が溢れ、はやり、すたり、変わっていくので、振り回されないことだと思います。

こんな偉そうなことを言って、昨晩セミナーの帰りにコンビニでアイスとノンアルコールビール(・・・という、食べなくてよいもの)を買ったら、レジのお兄さんが糖尿病で通院してくれている方でございました・・・

 

ぬいぐるみのぴよに癒やされています。

piyo.jpg

| 医学 | 12:56 | comments(0) | - | pookmark |
上野散歩

連続して東京での週末でした。土曜日の会議、日曜日の講演会を終えて上野界隈を散歩しました。旧岩邸庭園→不忍池→国立西洋美術館へとぶら歩き。

旧岩邸の贅を尽くした見事な建築と広大な庭園。財閥の生活とはかばかりかとため息がでました。

旧岩崎邸2.jpg

 

旧岩崎邸1.jpg

 

無縁坂を上がり下りして

無縁坂2.jpg

 

不忍池

不忍池1.jpg

 

上野.jpg

 

高みの見物をしている鳥がクール

不忍池2.jpg

 

国立西洋美術館は特別展がない期間のため入館料も安くて空いており、ゆっくりと鑑賞できました。

そして夜間飛行。出発が1時間も遅れました。

夜景.jpg

 

| | 12:38 | comments(0) | - | pookmark |
お茶の水散歩

学会の後は御茶ノ水駅に移動し、聖橋から神田川を眺め、閉門時間に近い湯島聖堂へ。学生さんが多い街。姿美しい若い人たちが行き交い、青春映画のワンシーンのような良い時間が流れています。おばさんはカメラ片手に人物ウォッチングするのも楽しい。

 

お茶の水.jpg

 

 

 

湯島聖堂2.jpg

なぜか檸檬 笑

 

湯島聖堂3.jpg

湯島聖堂はもと昌平坂学問所のあった場所。東京の町歩きをすると、たくさんの坂があってそれぞれにいい名前がついているので趣深い。このあたりをぶらついただけでも、昌平坂、湯島坂、新妻恋坂、清水坂、紅梅坂、幽霊坂など・・・

神保町の古書街をぶらついてきたという長女、この界隈に住む大学生の姪っ子ちゃんと合流して3人で楽しい夕食をとりました。

 

翌日は楽しみにしていた江戸東京博物館を満喫し、銀座を歩き、またお茶の水に戻ってニコライ堂を拝礼し、遅い昼食をとって娘と別れました。足が疲れて早めに空港へ戻ってしまい、展望デッキから夕景の中の飛行機を撮りました。

haneda airport.jpg

| | 17:52 | comments(0) | - | pookmark |
糖尿病学会 in 東京

先週末の土曜日は休診させてもらい、東京での糖尿病学会総会に参加し、主に食事指導のシンポジウムを聴きました。感じたのは「食事指導はムズカシイ!」の一言です。

血糖上昇を抑えるための糖質制限食は一定の効果はあると思うのですが、「体重が減っても、筋肉や水分が減って体脂肪は減らない」とか、「糖質制限しすぎると甲状腺ホルモンも減って代謝がおちる」とか、ネガティブな研究結果が披露されていました。一人一人が基本的にどんな食事をしているのかわからない上にその人の「ふつう」がどんな量なのか掴みがたい。食事のサイエンスは諸説あって実にcontraversial。何を信じてよいのやら煙に巻かれたようでした・・・。ただ、動物性脂肪と動物性タンパクの過剰摂取は避けるべきという見解は一致しておりました。

昔から言い尽くされてはいますが「腹7分目を守ること」「○○ばっかり食べない」に尽きるのかなと。学会まで行ってありふれた結論で申し訳ない。食物学はまだま流動的というのが現実だとわかっただけでもいいか・・・。

 

| 医学 | 22:41 | comments(0) | - | pookmark |
美波町にて

週末の夕刻の美波町大浜海岸。堤防に腰掛けて薬王寺の方向に広がる夕映えを待ちました。美波町というよりも日和佐町(旧名)というほうがしっくりきます。

 

浜2.jpg

 

浜.jpg

 

名称未設定 1 のコピー.jpg

 

漁港2.jpg

 

網.jpg

 

漁港4.jpg

漁港の網の赤が鮮やか。放送塔から流れる地元なまりの町内放送。「明日の海岸清掃は雨天のため延期します」と告げていました。八幡神社のお祭りのために大阪から帰省した、カメラを持つ同年代のかたとちょっと会話。彼もふるさとの良さを発見したようでした。

 

| | 23:49 | comments(0) | - | pookmark |
日々のこと 

連休明けのバタバタも落ち着き、月初めのレセプト作業も終わり、一息。

GWは徳島県内で過ごしましたが、家族の帰省やお客さんもあってちょっと「非日常」でした。

何年かぶりに眉山頂上に行ってみたり、御所のたらいうどん食べに行ってみたり、文化の森の博物館と美術館をのぞいてみたりと。マチアソビで市内のあちこちが若者であふれていて嬉しかった。

感染性胃腸炎も少し落ち着き、黄砂か何かによる喘息っぽい咳のかたが増えています。沖縄や愛知の麻疹流行でワクチンの問い合わせが多数。麻疹風疹ワクチンも出荷調整が出てしまい、小児の定期接種優先のため大人への接種は対応できなくなりそうです。

 

私が初めて買った南塚直子さんの版画を飾りました。研修医の時ですからもう30年前。大阪阿倍野ベルタとかいうショッピングセンターで。当時の研修医は日給5000円でしたから当直のアルバイトなどが許可されてちょっと余裕ができてきたころだったのでしょう。都会での一人暮らしの寂しさを癒やしてくれた覚えがあります。

 

 

| 日常 | 00:59 | comments(0) | - | pookmark |
ふるさとの風景

母の誕生祝いを届けにふるさとへ。

両親と小ドライブし、川島城のある高台から吉野川を眺めました。

吉野川はここで大きく蛇行し、広大な中州・善入寺島をかたち作っています。

川島.jpg

 

青石.jpg

 

潜水橋を切幡寺方面からお遍路さんが渡ってきます。

潜水橋.jpg

 

ふるさとはもう田植えの季節。自転車のお遍路さんに藤井寺への道を教えてあげました。

田圃.jpg

 

川沿いの堤防にある祠。子どものころ、自転車で西麻植のおばあちゃんとこへ行く道にあり、必ず手を合わせたものです。

夕景.jpg

 

田圃夕景.jpg

 

鎮守の杜に日が落ちてゆきます。

夕景2.jpg

 

東の空から赤い月が昇ってきてきれいでした。この暗さでは私の技術では無理でした。

夜2.jpg

 

| 日常 | 23:26 | comments(0) | - | pookmark |
新しい気持ちで

通勤途中の八万小学校の校舎前で学級写真の撮影をしていました。可愛い子達がきまじめな顔で並んでいて思わず笑みがこぼれました。

私もクリニックを引き継いで12年目の春です。初心を忘れずに仕事に臨みたいと思います。インフルエンザの嵐が終焉したあと診察室は非常〜にのんびりしており、大丈夫か?と少々不安におののきつつ過ごしております(笑)。いやいや病気が少ないことは良いことです。

 

当時、小学生だった息子がこんなカードを作ってくれて、子どもなりに応援してくれているのだなあと嬉しく思いました。それで大事にしまっています。

 

いただいたハーブの苗も成長しています。これはラムズイヤーかな。

| 日常 | 10:19 | comments(0) | - | pookmark |
ことしの桜

早起きして神山町と佐那河内村の桜を見に行きました。

春爛漫の花の洪水。

神山桜7.jpg

 

神山桜1.jpg

 

神山桜2.jpg

 

神山桜3.jpg

 

神山桜6.jpg

 

神山桜4.jpg

 

佐那河内桜3.jpg

 

佐那河内桜2.jpg

 

佐那河内桜1.jpg

 

佐那河内椿.jpg

ことしの桜を見ること叶わなかったひとたちに思いを寄せて・・・

 

 

午後は鳴門市大麻町でいちご狩り。

私は70個、娘は100個 ねこ!!!

昼食抜いて一個4~5kcalですからOKでしょう。

 

苺狩り.jpg

 

| 日常 | 22:22 | comments(0) | - | pookmark |
小さな夢・・・深夜の生さだ観覧 

先週末土曜の深夜、渋谷NHKに行ってきましたkirakira3

小さな夢とはこれ↓

生さだ.jpg

 

長女の名前で同伴として応募したのが観覧募集に当たりました。おばさんが多い中、若い子のほうが当たりやすいかもという作戦(笑)。さだファンのおばさん達は若い子に親切(あなた若いのにさださんのよさがわかるなんていい子ね、という感覚)なのですが、案の定、娘も隣の見知らぬおばさまから優しくされていました。テレビの中で見る人たちがいっぱい目の前に居て不思議な気分でした。

 

友近さんのキャラである西尾一男さんに会えたのがものすごく嬉しかった。大好きなので!欽ちゃんの仕切り具合はさすがだと感心してしまいました。さださんもこんな深夜に「修二会」熱唱、最高でした。岩崎宏美さんも美しかった。

22時集合、1時間以上立ったままで待機、0時から4時まで収録。疲れたけど楽しかった。

 

 

 

| 趣味 | 16:41 | comments(0) | - | pookmark |
| 1/92PAGES | >>