CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
講演「如何に診断するか」

ドクターGで有名な生坂政臣先生の講演会でした。数多くの症例とそのデータに基づいた診断の鮮やかさに驚きました。

町医者をしているとありふれた病気が多く、「ひょっとしてこれは?」と興奮することがあっても結局はテレビ番組で出てくるようなかっこいい?診断名に落ち着くことは少ないです。しかしながら、確率は少なくても常に多くの病名を思い浮かべておくことは大事だと肝に銘じておこうと思います。先生がおっしゃるには、病名診断には2045年ころにはAIがとってかわるだろうということですが、今はまだ医師の方が勝っているそうです。

生坂先生がおっしゃったことで「問診をしっかりとること」は常日頃やっているつもりですが、「患者さんの解釈に引きずられないことも大事です」という言葉にはドキッとさせられました。かなり引きずられてうじうじ悩んでいる・・・。自分にはもっと理性的に判断する力が必要だなあと反省しました。

 

さて今夜も小児科の休日夜間当番。インフルエンザ期なみの多さで常に6冊くらいカルテが積まれる状態で、4時間半ノンストップのハードワークでした。重症な喘息発作の子もいましたが、ほとんどが夏風邪。熱発して2〜3時間後に即来られるものですから、所見がそろいません。口蓋垂あたりの口内疹2〜3個のみだったりする子が多くて

「今のとこヘルパンギーナか手足口病かわかりません。経過見て手足に皮疹がでるようなら手足口病です」などと説明するしかなく、生坂先生の講演を聴いたばかりなのに「あーあゆう★」という感じです。

ご批判を承知であえて言わせてもらえば、時間外外来は一日待てるかどうかの判断をするところ。そこそこ元気なら一晩待ってかかりつけの先生にじっくり見てもらうほうが良いと思います。

| 医学 | 16:54 | comments(0) | - | pookmark |
リブレの血糖データ考察 6月26日

やっと梅雨らしくなりました。紫陽花に変えました。

ajisai.jpg

 

本日の血糖データはちょっとショック。食後1時間血糖が結構高い。

6月26日.jpg

一日を通して食前血糖値は80mg/dl前後ではありますが・・・

 

朝食 たったこのレーズンバターロール2個で1時間後に169mg/dl。2時間後には基礎値にもどりました。グラフが鋭い山となりました。

朝食6/26.jpg

 

昼食 ビジュアルがひどいので写真はなし。冷や奴半丁とキュウリといういい加減な副食なので玄米白米半々ご飯を180g食べてみたところ、1時間後に183mg/dlDocomo1092時間後には基礎値に戻る。ご飯150gと180gではかなり違ったグラフとなることがわかりました。私の貴重なデータベースです。

 

夕食 ヨシケイの献立が図らずも昨日のメニューと酷似(笑)。結構な副食ですが、玄米白米半々ご飯を120gにしてみたら、血糖値は最高128mg/dlまでしか上がりませんでした。

夕食6/26.jpg

 

主食の量が30g違っても血糖の上昇が大違い。昨日は休日で街に出かけたりと少し歩いたため血糖の上昇が大きくなかったけれど、今日は1日中座位の仕事で動いていないため食後の血糖値上昇が大きかったのではと考察。まだまだ謎はありますので、さらに実験続けます。

| 医学 | 23:32 | comments(0) | - | pookmark |
リブレによる血糖変動リポート

リブレを装着してみると学ぶところがたくさんあります。

6月24日(土)から25日(日)にかけてのリポート。

 

6月24日 (土)

20:00  夕食前78mg/dl

夕食.jpg

夫が出張でおらず一人のため手抜きの一皿。主食は玄米と白米を半々にしたもの150g。血糖は食後最高で125mg/dl。

 

6月25日(日)

1:30 「今夜も生でさだまさし」を見終わったらこの血糖(笑)。機嫌良く笑ったからでしょうか。

生さだ終了.jpg

 

10:00 遅起き。起床時44mg/dl ? これは誤差?空腹感はさすがにあり。

朝食.jpg

朝食兼昼食。悲しいかな昨日の肉がまた登場。玄米白米半々150g。肉は昨日の半分くらいだが、加糖のヨーグルトのためか食後最高131mg/dl。タンパク質である肉よりも加糖ヨーグルトの方が血糖をあげるのだとわかる(ただし私の場合)。

 

その後はずっと70mg/dl代。

 

17:00 血糖71mg/dl。休日夜間診療所に仕事に行かねばならないため、餡入り最中を1個食べていく。

18:00 血糖147mg/dl Docomo109本日最高血糖。焼き肉の食事よりも1個の最中のほうが血糖を上げるのです。

20:00 血糖74mg/dl。夜間診療所で出してくれたサンドイッチを半分食べる。パンは5枚切り1枚分くらい。

21:00 血糖116mg/dl。まあまあの上昇。

22:45 帰宅。血糖75mg/dl。やめときゃいいのに残りの半分のサンドイッチと、栗まんじゅう(笑)1個食べる。

 

6月26日(月)

1:45 血糖122mg/dl。まんじゅうが余計だったか・・・。でも息子が送ってくれた上等のやつなので賞味期限が切れないうちにありがたく食べたいのだ。

もう寝ます。

 

今日のレポート。こんなふうに表示されます。ピークはいうまでもなく餡入り最中のせい。

6月25日データ.jpg

 

 

| 医学 | 01:47 | comments(0) | - | pookmark |
血糖モニターシステム 「リブレ」

画期的な血糖測定システムです。アボットジャパン社の Free Style リブレ。

上腕にセンサーをつけておくと、器械をかざすだけで血糖が表示されます。痛い穿刺をせずにすむわけです。1回のセンサー装着で2週間まで測定可能です。入浴も大丈夫。

患者さんに勧める前に自分が体験しておこうとつけてみました。

アプリケーターを使ってスタンプを押すようにして簡単につけられます。痛みはありませんでした。

たるんだ腕でお見苦しいですがこんな感じ。Readerをかざすだけで(服の上からでOK)血糖が表示。

 

センサーが1回分7500円程度。実費だと1ヶ月15000円ほどかかります。せめて1型糖尿病のかたには医療保険が効くようになることを切に望みます!

 

 

| 医学 | 20:02 | comments(0) | - | pookmark |
101歳の画家 入江一子さん

NHKの「日曜美術館」が好きで毎週見ています。今回は洋画家の入江一子さんでした。

101歳にして「だんだんと絵がわかるようになって だんだんと描けるようになった 命がけで描いています」という言葉に鳥肌が立った。シルクロードの中東を訪ねての製作は50歳を過ぎてからであったと聞いて、自分もまだこれから何か始められるのではないかという希望をもらいました。3年間くらいでやめてしまった絵画も、自己流でまたなにか描いてみようかなあなどと思ったのでした。

入江一子さんは娘にとっても女子美術大学の偉大な大先輩。折しも開催されている女子美の展覧会のために週末慌ただしく帰ってきた娘。先輩達からたくさんの刺激をもらい、かわいがってもらい、また見に来てくれたかたたちから温かい言葉をかけてもらい、心にパワーを注入してもらって東京へ帰っていきました。100枚ほど用意した名刺もお客様におおかたお持ち帰りいただいたようで、うれしいことです。

josibi3.jpg

josibi2.jpg

 

| アート | 12:53 | comments(0) | - | pookmark |
女子美術大学同窓会 100周年記念徳島支部展

6月15日(木)〜20日(火) まで、アミコシビックセンターギャラリー3Fで開催されます。

アーティストとして一線で活躍されているかたたちもおられ、絵画・彫刻・工芸・写真などが展示されます。お近くに行かれた際にはどうぞお寄りください。

 

東京のデザイン会社に勤めている長女も、少しずつ作りためた粘土細工を少し出させていただきました。終バスに乗り遅れるほど毎日会社の残業をし、都会の片隅で心をすり減らし疲れ果てた彼女にとっては精一杯のアートです。美大を卒業した後の人生は人それぞれですが、こんなかたちでの美術への関わり方もありかなと思い、共感して応援するのみです。

週末しか帰徳できない長女の代わりに今夜搬入してきました。

| アート | 16:04 | comments(0) | - | pookmark |
名古屋

先週末は土曜日休診にさせてもらい、名古屋での糖尿病学会に参加。日曜日は大阪での内科学会講演会で勉強してきました。どちらの講演も企業主催の講演会ではあまり取り上げられない内容であり、知識をアップデートできて実に勉強になりました。やはり休診にしてでも時々参加しなけりゃなあと感じました。

 

名古屋はなじみのない場所。どこか少しでも観光を!と計画していました。新幹線に乗るのも楽しみ(子供か!?笑)。

新大阪から名古屋までは「こだま」だと自由席がすきすきで、シートを独り占めして人目を気にせずにのんびりと車窓の風景を楽しめました。

「この川はなんていう川だろう」とか「あの山はなんという山だろう」といちいちグーグルマップで確かめて飽きません笑。琵琶湖の南側は見渡す限りの水田で旅に出たなあと感じます。一瞬でしたが伊吹山や長良川は美しかったです。

講演会の昼休みに名古屋城へ。夏のような暑い日で少々ばてました。本丸御殿が立派に復元されていました。時間がなくて味噌アイスが昼食でした。

nagoyajou.jpg

 

講演会終わってからは「ノリタケの森ミュージアム」へ名古屋駅から迷いながら歩きました。

広い敷地に陶器のミュージアム、ショップ、公園、レストラン、地元作家さんのためのギャラリーなどがあり楽しい場所でした花

数々のオールドノリタケはものすごく豪華で見飽きません。photo allowedとのことで遠慮なく・・・。

noritakeno mori.jpg

 

ギャラリーをのぞくと地元クラフトデザイナー鈴木裕子さんの銀のピンブローチと目が合ってしまい、これもご縁かと連れて帰りました。

まる二日間ほとんど黙って過ごせたので、週明けの診察はしゃべるのが疲れましたゆう★

 

 

 

| 日常 | 15:17 | comments(0) | - | pookmark |
学校検診

小学校の学校検診に行ってきました。

今年度からは身長、体重の成長曲線が導入されています。診察の前に養護教諭の先生から問題点のある成長曲線を見せていただきました。全校生徒の作成は大変な作業だと思います。ごくろうさまです。

身長体重の増加が急に減少している生徒さんや、肥満度が急に増加している生徒さん、BMIが35を超えるような生徒さんもいて、病院受診を勧めてもらうようにしました。この時期の身長体重の異常は大人が関わるべきで、放置されると子どもは不幸です。

子どもたちの健やかな成長を祈ります。

| 仕事 | 11:45 | comments(0) | - | pookmark |
津和野ひとり旅 2日目

朝の津和野駅。絵になる駅です。

津和野駅.jpg

 

津和野駅2.jpg

 

乙女峠マリア聖堂。

急な坂道をあがったところにありますが人影がなく不思議な場所に迷い込んだようでした。長崎のキリシタンたちが連れてこられた悲しい歴史もあります。聖堂から出たとたんに一陣の風が吹き抜け木の葉が舞い散り、何かが居る?という感じで神秘的でした。

乙女峠.jpg

 

津和野城址から山裾を走るSL列車を撮ることが本日の目的。リフトをおりて山道を登ります。

津和野城址3.jpg

 

津和野城址5.jpg

 

津和野城址4.jpg

 

青野山を背景に津和野の町は美しいです。

津和野城址2.jpg

 

炎天下の中待つこと30分。汽笛とともにやってきました。

津和野城址6.jpg

 

津和野城址7.jpg

さだファンならなぜこの風景を見たかったかわかるはずです(笑)。名曲「案山子」はここがモデル。

目的を無事果たして下山。

 

二人の女の子たちがすれ違うときに「こんにちは」とあいさつしてくれて感動しました。この町の質の良さを象徴しているなあと思いました。

女の子.jpg

 

このSLに乗って帰ります。

津和野駅3.jpg

 

津和野駅4.jpg

 

帰途.jpg

津和野をあとに帰途につきました。

乗り鉄でも撮り鉄でもないのに、SL列車に魅せられた旅でした。

 

ひとりで旅するといろんな人と言葉を交わします。

SLで一緒に乗り合わせた若いご夫婦と3歳の乗り鉄君、宿の女将、杜塾美術館の館長さん、城址で居合わせた石垣好きの男性、カフェのご主人。

一期一会をありがとうございます。

 

| | 21:00 | comments(0) | - | pookmark |
津和野ひとり旅 1日目

土日の連休を利用して津和野へひとり旅。

30年前に訪れて、もう一度帰りたかった場所です。

切符.jpg

 

津和野は島根県の山あいの城下町。古き良き建物が大切に保存された上品な田舎町です。こんな小さな町なのに偉人や芸術家を多く輩出している・・・美しい町は人を育てるのかもしれない。

 

安野光雅美術館は静かなたたずまい。「旅の絵本」の風景はここ津和野が原点であることが感じられました。

安野光雅美術館.jpg

 

安野光雅美術館2.jpg

 

酒屋.jpg matinami.jpg

 

殿町通り.jpg

 

殿町通り2.jpg

 

太鼓谷稲成神社 伏見稲荷にも負けない朱の鳥居が続きます。

太鼓谷稲成.jpg

 

太鼓谷稲成2.jpg

 

太鼓谷稲成3.jpg

 

神社から見下ろすと、山懐に抱かれた赤い屋根瓦連なるかわいらしい町です。

津和野遠景.jpg

 

弥栄神社

弥栄神社.jpg

 

路地.jpg

ひっそりと日が暮れてゆきます。

 

 

| | 15:14 | comments(0) | - | pookmark |
| 1/87PAGES | >>