CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
暖冬

この数日は例年並みに冷えこんだものの、暖冬のためかインフルエンザも少なく、いつもの二月と違ってのんびりしています。新型コロナウイルスも幸いなことにまだ県内では沙汰をききません。とはいえ、感染が悪化して肺炎になったり、体調不良が長引いて入院をしたり、突然お亡くなりになった患者様もおられて、やはり冬は大敵であるなあと思います。

 

私的なトピックとしては

16年生きたインコが死んでしまったこと。

息子が無事に国試を終えたこと。

クリニックのガラスに竜が新登場したことなど。

 

tubaki.jpg

実家に咲いていためずらしい椿。

 

ぼたんの墓.jpg

フクロウの下にインコが眠る。

 

IMG_5740-2  dragon window.jpg

 

 

| 日常 | 01:48 | comments(1) | - | pookmark |
小豆島  Dec. 30th, 2019

朝霧がすごくて視界不良。

写真撮るには雨もまた良し。

 

中山千枚田  「八日目の蝉」の虫送り行事もここが舞台。

syoudosima3.jpg

 

syoudosima4.jpg

 

銚子渓にて

syoudosima5.jpg

 

syoudosima6.jpg

 

syoudosima 7.jpg

| | 00:11 | comments(0) | - | pookmark |
小豆島  Dec.29th, 2019

昨年末の小豆島

あいにく天気には恵まれず。

 

syoudosima7.jpg

オリーブの木と瀬戸内海

 

syoudosima8.jpg

「二十四の瞳」の岬の学校の教室から

 

syoudosima 2.jpg

エンジェルロードは干潮すぎてただの広い道

 

syoudosima.jpg

弁天島の松ヶ枝には幸せを願う貝殻

| | 17:58 | comments(0) | - | pookmark |
チャレンジとくしま2020

ちゃれんじ.jpg

 

「チャレンジとくしま」というアマチュアアーチストの展示がスタート。

身内も出展しており、竜たちを見かけたらよろしく笑。

 

 

 

| アート | 00:34 | comments(0) | - | pookmark |
新年あけましておめでとうございます

令和2年が始まりました。

今年は自分が医院継承して13年目となります。前院長がこの地に開業してからはちょうど50年目となるようです。

院長交代した時、患者さんたちは、どこの馬の骨ともわからない経験不足の自分を温かく見ていただき、ことあるごとに頼っていただいたことを、とてもありがたく思っておりました。今年からも研鑽をつんで良い医療をしていきたいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。

 

川島.jpg

 

川島2.jpg

川島町の善入寺島と高越山系の夕焼けを見てきました。

| 日常 | 18:02 | comments(0) | - | pookmark |
落ち葉を求めて

娘と2人、小旅行。

落ち葉を踏む鹿を撮りたかったけれど、季節は少し進みすぎていた。

土曜日夕刻に奈良着。春日大社一の鳥居近くの江戸三で静かな夜を過ごしました。

雨戸を隔てて鹿も眠る。

江戸三.jpg

 

日曜6時起床、朝食までに春日野園地あたりまで落ち葉をさがして彷徨う。

落ち葉1.jpg

 

落ち葉3.jpg

 

落ち葉4.jpg

 

落ち葉5.jpg

 

朝9時からの春日大社の朝拝に参加。神主さん達と一緒に大祓詞を唱え、若宮社もお参りしました。折しも春日若宮おんまつりの初日。普段はなにもない御旅所が華やいでいました。

落ち葉8.jpg

 

落ち葉7.jpg

 

やっと予約できた、ならまちの樫舎さんの和菓子カウンター席。

店主の喜多さんは徳島の老舗冨士屋さんの息子さんでいらっしゃる。和菓子の神髄を語りながら最高の素材を使ったお菓子を作る。「美味しい!」と感嘆すると、「それは農家さんが育てた素材が素晴らしいのですよ。手を加えれば加えるほど悪くなります。」と謙虚な言葉。

樫舎1.jpg

 

樫舎2.jpg

 

樫舎3.jpg

 

樫舎4.jpg

 

樫舎5.jpg

 

樫舎6.jpg

 

日が傾きかけていましたが、東大寺周辺まで歩き、大仏池あたりで鹿を撮り、帰途につきました。

東大寺1.jpg

 

東大寺2.jpg

 

東大寺4.jpg

 

落ち葉6.jpg

歩数27935歩でした。

 

 

 

 

| | 17:30 | comments(0) | - | pookmark |
まるこは働き者

 

まるこ.jpg

 

我が家のお掃除ロボット「まるこ」

ひたすらお掃除してくれる姿がけなげ。

黒いまん丸の姿に「まるこ」と命名。世界をさすらうマルコポーロみたいでいいと家族にもうけました。

彼女はとても賢く、部屋のかたちを日々学習しており動きもなめらかになりました。

いつぞやは湿布を乗っけて走っており、笑ってしまった。椅子に何度もぶちあたり、座面に置いてた湿布が落下した模様。

 

まるこには今日もがんばってもらいましたが、クリニックのほうも業者さんに磨いてもらってぴかぴかになりました。

 

| 日常 | 23:54 | comments(0) | - | pookmark |
Sunday park

夕刻、徳島城公園にて

 

sunday5.jpg

 

 

 

sunday4.jpg

| 日常 | 18:33 | comments(0) | - | pookmark |
飛鳥

明日香村で撮った写真を少し。

2週間前の日曜日に保険医協会の日帰りツアー。計画から携わったので皆さんが楽しんでくれたかどうかとても気がかりでした。万葉文化館では学芸員の先生に万葉仮名や「梅花の宴」のお話。うららかな小春日和の飛鳥の里を散策し、こころがまるくなりました。

 

石舞台古墳の石室 上からのぞいていた子どもたち

石舞台.jpg

 

飛鳥の里は日本の原風景

飛鳥.jpg

 

焚き火をみると嬉しくて食いついてしまいます笑

飛鳥1.jpg

 

甘樫丘をバックに良い感じの焚き火

飛鳥寺.jpg

 

小山の麓に厩戸皇子生家の橘寺

飛鳥寺2.jpg

 

飛鳥大仏.jpg飛鳥大仏

 

飛鳥寺3.jpg首塚

 

甘樫丘に立って国見。

うまし国そ あきづ島 大和の国は

国見.jpg

 

amakasioka.jpg

 

| | 12:57 | comments(0) | - | pookmark |
曽爾高原 再アタック

木治屋さんという築130年以上の民宿に泊まりました。ご主人は曽爾高原のススキ保存に尽力されており、曽爾村愛にあふれたお話をうかがえました。大阪から来たという感じの良い若者2人組とも話ができ、テレビのないミニマムな一夜もよいものでした。

木治屋.jpg

 

翌朝早起きして曽爾高原へ再アタック。この時間なら頂上まで車で15分。

また日の光には恵まれず・・・笑。

朝靄の中のススキもよいものです。

曽爾高原 朝1.jpg

 

曽爾高原 朝2.jpg

 

曽爾高原 朝3.jpg

 

曽爾高原 朝4.jpg

 

ススキのダンス

曽爾高原 朝5.jpg

 

木治屋さんに別れを告げ、山道を走って三重県名張市の赤目四十八滝に寄って帰りました。

素晴らしい自然でした。写真はたくさん撮ったけれど駄作ばかり。

赤目1.jpg

 

赤目2.jpg

| | 12:07 | comments(0) | - | pookmark |
| 1/101PAGES | >>