CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
お盆休み

明日から長めのお盆休みをいただきます。ご不自由をかけますがどうぞよろしくお願いします。ワークバランスのことがいわれていますが、当院も少人数でやっており、スタッフみんな休まずに勤勉に務めてくれていますので、閑散期の夏は長めに身体を休ませてもらおうと思います。

徳島市内は道路に桟敷ができたり提灯がつられて華やいできております。全国のお客様達を迎える準備が進んでいます。阿波踊りの夏だなあと子どもの頃から繰り返し感じる独特の季節感です。お盆週間には、小学校時代の同窓会があったり、家族も集まって出かけられそうなのでいい思い出を作れそうです。今晩は東京からやってくる姪っ子ちゃんを空港から実家のおじいちゃんおばあちゃんの処まで送り届け、深夜には娘も帰省するようで、嬉しい慌ただしさです。

| 日常 | 11:21 | comments(0) | - | pookmark |
バレエ「白鳥の湖」をみてきました

バレエ.jpg

久しぶりにバレエを観てきました。娘が在籍していた時にお世話になった生徒のみなさんたち、素晴らしい舞台を見せてくださいました。白鳥たちのコールドのレベルの高さに感動し、さぞ足の痛みに耐えながら沢山沢山練習したのだろうと愛おしく感じました。

新国立バレエの小野絢子さんの上品でしなやかでたおやかなオデット・オディール。身体が宙に浮いているかのような軽やかさで人間業とは思えませんでした。王子の福岡雄大さんも端正でダイナミックで素敵でしたし、山本隆之さんはロットバルトを演じられて悪者役も素敵でしたが、欲を言えば王子様役を見たいです(笑)。個人的には王妃の宇都宮先生すごく優雅で素敵で大好きです。

「パ・ド・トロワ」「小さい4羽の白鳥」「大きい白鳥」「白鳥のコールド」「黒鳥のバリエーション」など、かつて娘が舞台やコンクールで踊ったものが次々繰り広げられて懐かしく、当直のために今年も見に来られなかった娘がかわいそうで、思いを馳せた午後でした(笑)。

| バレエ | 21:12 | comments(0) | - | pookmark |
万年筆

当院は紙カルテ。日々原始的に所見から診療内容を書きます。筆圧が弱くなって、貰い物のインクの出づらいボールペンだと指のペンだこが痛い。少々お高くても、やはり気に入った油性ボールペンはストレスなく書ける。万年筆を使ってみたらさらに筆圧不要で調子よいけれど、インク1本が3日でなくなってしまいました!結構な文字数書いてるんだ。

以前お気に入りのボールペンを「カルテ書きにいいよ〜」と娘にあげようとしたら、「あ〜ペンはあまり使わんのよな。」と軽く断られました。巷は電子カルテ。もう筆記用具はいらないのですね。

 

mannnennhitu.jpg

かつて向田邦子さんも執筆に万年筆を3本くらい愛用されてて、書きやすさの順に本妻・二号・三号とランクをつけていたようです(笑)

 

pen.jpg

私の本妻・二号・三号(笑)

| 日常 | 14:24 | comments(0) | - | pookmark |
松浦綾音さんのピアノリサイタル

名東町の田園ホールで松浦綾音さんのピアノリサイタル。

フィンランドのシベリウスアカデミーで学ばれた後もピアニストとしてお仕事をされていますが、夏には徳島に帰ってこられ、ピアノを聴かせてくれます。第1部はバッハから始まり、ベートーベンの悲愴、ショパンのバラードと一気に綾音Worldに引き込まれました。嬉しいことに曲間に作品や作曲家のの歴史や背景について解説してくださるので本当に楽しい。第2部もラフマニノフ「リラの花」、ラフマニノフ編の「愛の喜び」他フィンランドの作曲家の編曲の作品を演奏され、北欧への愛があふれておりました。北欧の人たちにとってリラの花が咲くことは長く寒い冬を耐えたあとの春の訪れの象徴であることも語ってくれました。ヨーロッパの小説によくライラック(リラ)が登場することの謎が解けました笑。

最後は森亮平さん作曲の「日本のうた」。昭和唱歌の懐かしい旋律が交錯してしみじみ〜と日本の空気を感じました。

 

ayanetyann.jpg

サーモンピンクのドレスがとてもお似合いでした。

 

7月29日(日)の14時〜15時 前川町の徳島文学書道館でのロビーコンサートをされるそうです。

| 日常 | 23:46 | comments(0) | - | pookmark |
熱中症多し

梅雨開けて猛暑の日々。この数日間、熱中症多く点滴をする方が多かったです。普段は、点滴至上主義の人が希望しても基本的に不必要な点滴はしない主義ですが、熱中症・脱水のときばかりはしなくてはなりません。

この猛暑に中高生の部活動、どうにかなりませんかね。スポーツのことは専門外ですがこのコンディションでの長時間の練習は科学的にみてどうなんでしょうか。かつて数十年前に私たちのうけた根性論での運動指導は間違っており、今は改善されているとは聞くのですが。顧問の先生は時間短縮とか考えてほしいです。

 

bizann.jpg

昨日の夕方、眉山にかかる夕焼け雲。暑い一日でした。

 

| 医学 | 23:14 | comments(0) | - | pookmark |
日々のこと

大雨が続く一週間でした。日本は地震やら津波、火山噴火、台風、大雨、洪水と災害だらけ。

日曜日も休日診療所の小児科の当番でした。患者さんはずっと途切れることはなく適度に疲れました。手足口病の多いこと!! 夕刻に雨もやんで日が差し始め、ふれあい健康館の診察室の窓から緑のカーテンが清々しかった。

 

midori.jpg

| 日常 | 00:34 | comments(0) | - | pookmark |
梅雨の晴れ間

掃除もできて洗濯物が乾いて良い気分でした。

1週間遅れの父の日プレゼントを持って行った実家。可愛い子猫と会えました。

子猫.jpg

 

子猫2.jpg

 

そして凄まじく濃い夕焼けとクレオメの花

クレオメと夕焼け.jpg

 

母.jpg

母がとったばかりの巨大キュウリを持たせてくれました。

| 日常 | 22:01 | comments(0) | - | pookmark |
夏至

午後7時半でこの明るさ

夜間診療当番で出勤したふれあい健康館で見上げた空

夏至3.jpg

 

夏至2.jpg

 

| 日常 | 00:07 | comments(0) | - | pookmark |
食事指導で思うこと

検診などで生活習慣病が見つかったとき、薬物治療に入る前にまずは食事療法・運動療法ということになります。

「何を食べたらいいですか?」とよく聞かれます。スーパーマーケットやコンビニに高カロリーの食べ物があふれている実情をみると、何を食べるべきかではなくて、

 

「何を食べないべきか?」では?

 

生活習慣病を持つ人は食べ過ぎ防止が基本。三食以外にいかに不要なものを口に入れているかを自覚することが必要。これを食べたらいけないから代わりに○○を食べてお腹を満たすという行動をするよりも、空腹感に慣れて、いわゆる「胃を小さくすること」が先決だと思います。食事療法については本やメディアで数え切れないほどの情報が溢れ、はやり、すたり、変わっていくので、振り回されないことだと思います。

こんな偉そうなことを言って、昨晩セミナーの帰りにコンビニでアイスとノンアルコールビール(・・・という、食べなくてよいもの)を買ったら、レジのお兄さんが糖尿病で通院してくれている方でございました・・・

 

ぬいぐるみのぴよに癒やされています。

piyo.jpg

| 医学 | 12:56 | comments(0) | - | pookmark |
上野散歩

連続して東京での週末でした。土曜日の会議、日曜日の講演会を終えて上野界隈を散歩しました。旧岩邸庭園→不忍池→国立西洋美術館へとぶら歩き。

旧岩邸の贅を尽くした見事な建築と広大な庭園。財閥の生活とはかばかりかとため息がでました。

旧岩崎邸2.jpg

 

旧岩崎邸1.jpg

 

無縁坂を上がり下りして

無縁坂2.jpg

 

不忍池

不忍池1.jpg

 

上野.jpg

 

高みの見物をしている鳥がクール

不忍池2.jpg

 

国立西洋美術館は特別展がない期間のため入館料も安くて空いており、ゆっくりと鑑賞できました。

そして夜間飛行。出発が1時間も遅れました。

夜景.jpg

 

| | 12:38 | comments(0) | - | pookmark |
| 1/93PAGES | >>