CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
今年の桜

 

桜5.jpg

 

桜1.jpg

 

桜4.jpg

 

桜6.jpg

夕暮れの神山町

| 日常 | 14:41 | comments(0) | - | pookmark |
令和

美しい響きの元号です。出典が万葉集というのがまたうれしい。

奈良時代は日本人の心のみなもとですよ。

 

よい時代になりますように。

クローバー.jpg

実家の畑のあぜ道に四つ葉・五つ葉の群生。小さな幸せが続いてほしい。

| 日常 | 17:25 | comments(0) | - | pookmark |
しらす漁

吉野川橋から。長年徳島に住みながら初めて見たしらす漁。幻想的。

 

しらす漁.jpg

 

しらす漁2.jpg

 

しらす漁4.jpg

 

しらす漁5.jpg

 

しらす漁3.jpg

| 趣味 | 15:52 | comments(0) | - | pookmark |
ふるさと春景

菜の花畑に入り日薄れ・・・

 

菜の花.jpg

 

| 日常 | 09:40 | comments(0) | - | pookmark |
春分の日は大和三山を登って

一週間前にバスツアーを見つけて参加。奈良に行けるとなると、もう病気のように吸い寄せられて。雨の予報も外れて、朝靄の大和盆地が迎えてくれました。いつも美しい姿を遠くから眺めている大和三山に登るなど自分では思いもつかなかった。

大和盆地.jpg

 

耳成山140m。見下ろした里山も奥ゆかしい風景。

耳成山.jpg

耳成山から.jpg

 

藤原宮から見る天香具山152m。美しいです。

天香具山.jpg

 

藤原宮から見る畝傍山199m。

藤原宮から畝傍山.jpg

天香具山頂上から見る畝傍山

畝傍山.jpg

最後の畝傍山がちょっときつかった。下山したところにある橿原神宮をお参りして終了。

登山というより里山散歩でした。古代国家の原点であるこの場所を歩けて満足でした。歩行距離13km。24000歩。

 

| | 22:38 | comments(0) | - | pookmark |
春寒

冷たい雨がそぼ降る京都でした。娘が研修を終えて戻ってくるため引っ越しの手伝いに。荷物の運び出しも早々と終わり、ちょうど2年前にこちらに来たとき、お守りくださるようにと詣でた下鴨神社にお礼参りをしました。水たまりに落ちた椿の寒そうなこと。

 

 

これまた2年前と同じようにたくさんの石段を上って吉田山の頂上にあるカフェ茂庵へ。

茂庵1.jpg

 

茂庵2.jpg

 

茂庵3.jpg

 

茂庵4.jpg

 

馬酔木.jpg

 

薄紅色の馬酔木を見つけました。

京都の町を見下ろしながら娘の新生活に幸多かれと願ったことを思い出しました。

 

| 日常 | 23:29 | comments(0) | - | pookmark |
3.11

東日本大震災から8年目の3.11。報道特集で復興まではまだまだ遠いことを知る。東北地方には知己もなく、ともすれば忘れてしまっている。折々に思い出してできることを考えたい。徳島からは遠い東北だけれども、一度行ってみなくてはいけないな、と思う。

| 日常 | 23:35 | comments(0) | - | pookmark |
栗林公園

元気と自慢していたのに先週はぎっくり腰で3日ほど苦しみました。週末にはどうにか治り、予定通り高松へ出張できました。

栗林公園が7時開園ということを知り、日曜日は早起きして開園前に到着。2番乗り。

梅林を楽しみましたがいい写真は難しかった。近場でリベンジしたい。。。

 

栗林公園1.jpg

 

栗林公園3.jpg

 

栗林公園4.jpg

 

栗林公園2.jpg

 

栗林公園6.jpg

 

栗林公園5.jpg

 

栗林公園7.jpg

でも栗林公園は実に名園。兼六園にも負けてない。子ども時分から遠足などでしょっちゅう来ていたから、ありがたみがわかってなかった。

| | 14:36 | comments(2) | - | pookmark |
如月も元気に

インフルエンザや胃腸炎も流行しバタバタした毎日ですが、頭痛や咳でやばいかもと思ったらタミフルを頓服しつつ(笑)熱も出さずに勤務できております。しかも週末はカメラも持ってアクティブに出かけています。

 

節分の日は姫路城。

まずお堀の大きさに驚きです。姿麗しいお城でした。

姫路城1.jpg

 

姫路城2.jpg

 

本当の目的は加古川でのアコースティックコンサート。私にとっては最高の選曲で今までの中で一番感動。運転手に夫を、姫路で研修中の息子も半ば強制して連れて行きました(笑)。さだ様に節分の豆をいただき、自分の分は食べ、夫の分を神棚にまつっています。ありがとうございました。

setubunn.jpg

 

先週は母友4人で直島ドライブ。がんばって運転しました。

草間弥生さんのモニュメントと水玉のフェリーが可愛いです。

直島1.jpg

 

直島6.jpg

レンタルバイクもアーティスティック。

直島2.jpg

 

直島3.jpg

 

直島4.jpg

 

直島5.jpg

シーズンオフで人も少なく、地中美術館ものんびりと鑑賞でき、ゆったりした友とゆったりした島時間を過ごせました。ありがとうございました。

| | 21:24 | comments(0) | - | pookmark |
家庭内暴力

少女が父親からの虐待で命を落とした事件が報道されている。家庭内での虐待は密室で行われ、扶養を受けねばならない立場の子どもたちの保護の行方には閉塞感ばかり。児童相談所や学校の対応も親がわの意向に引きずられてはいないか。親への対策が成されない限り、虐待が「一時的に終わる」ことはあり得ない。

父親の暴力に子どもが犠牲になり、母親も口出しできない。以前に読んだ、天童荒太さんの小説「永遠の仔」そのものだと思った。専門書以上によく描かれているのではないか。児童保護に携わるかたたちも、より想像力を働かせてほしい。

| 日常 | 09:52 | comments(0) | - | pookmark |
| 1/97PAGES | >>